着物中毒のジャズな日々・着物と夜と音楽と


<   2011年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧



すべり込み......アウト!?セーフ?

31日月曜日もいい天気。

着用一回で見事に縫い目が裂けてしまった単衣を直しに出していたお店へ回収しにいきました。
ずっと行こう行こうと思っていながら行けないままでいたのでお店の人もさぞかし心配していらっしゃるかと。

お店はアンティークモールにあるので、先日買ったアンティークのお着物を早速着て。

クリーム地に金糸銀糸の織のアンティーク半幅、帯締めはブルーのグラデーションの半襟にあわせて青系統のものをチョイス。
a0194873_1936055.jpg

それに合う草履を....とあれこれ悩んだ結果、エンジの特注お草履ポックリさん風をチョイス。

るんるんと出かけたはいいのですが。
新しいお草履。鼻緒がまだしっくり来なくて履き込みが浅い。
お正月に母に買ってもらった黒地に蝶の刺繍のタビックスとの相性もよろしくなく、すべることこの上なし。

うーん、これでは予定の電車には乗れないなあと携帯で電車の時間を調べようと操作しながら歩いていたら。


右足が........っ。    とっ!


シュワッチ!!!



すざざざざーーーーーーーーー。



ゆるやかな下り坂であったことも作用し、バンザイのポーズでマンガのような見事なヘッドスライディングを達成!


まず。
「着物は大丈夫か?」


つぎに
「携帯は壊れてないか?」


そして
「どっかやっちゃったかな痛いかな?」


「はずかしーい!!!!」

と思いました。

着物姿は何枚もの布を重ねて着ているので、布と布が上手く滑って摩擦を消しているためか、奇跡的に着物は無事。

携帯はスライド式だったので、液晶画面を地面にたたきつけてしまったのですが、かろうじて角の部分の擦り傷だけで液晶は無事。操作も問題なし。

そして痛みは...
携帯を持っていた右手の親指のみちょっと擦り傷。
右膝を打撲しちょっとあざに。でも傷はナシ。

左手は手のひらがちょっとだけ赤くなっている程度。
左ほほも少し赤くなったかも、という程度でスリ傷なし。

ただ....左肩がっ。ひねった。確実に。

一時期、五十肩のような症状で左腕が上がらなくなったときがあるのだが、その感覚にそっくりの痛み。
言い換えれば骨をどうにかしちゃった、という感じではなかったのでひと安心っちゃひと安心。

そして我に帰ると後ろから歩いてきてた女性が通り抜けて行った。
はずかしーーーーーーー。
いいもの見ちゃったと思っているに違いない。
私も見たかった。

洋服に着替えようか...という気持ちがあたまをよぎったけれど、月の半分は着物で、というひそかな1月の目標を達成するためにもここで負けるわけには行きません。

一旦帰宅して草履を替えることにし、いつもの履き慣れたものにして再出発。歩きやすいわー。最初からこっちにすればよかった。
でも銀座でコケる位なら自宅から3分の時点で目撃者1名のみ、っていうのは超ラッキーだったね。と気をとりなおして銀座へ。

アンティークモールで素敵なものを見てまわって博物館気分で幸せになるかと思いきや....なまじっかお金を払えば手に入るものなのに、そのお金がない、というストレスで複雑な心境になっていく。
う゛~う゛~とまたうなり始める私。

ひと通り見てまわったところで着物を無事回収。
黒地に青の薔薇の単衣。
a0194873_19365154.jpg

(可龍さんの真打お披露目にと着たときの写真)
今年はまたステージに着てあげるからね。

夜はまたまた予定変更などがあり、結局は天狼でレコーディングの打ち合わせに。今岡さんの息子さんも合流してくださって、居間で3人でお食事しました。

息子さんがまた私を笑わせるものだから、お正月の続きでバカ笑いスイッチが入ってしまい、涙ちょちょぎれながら笑いました。

今岡さんが息子さんに話して聞かせたという長編の創作物語のお話を聞かせていただいたりしてそれでまた笑ったり。創作物語、面白かったです。出版して欲しい!と思う人沢山いるだろうなあ。)

こけたダメージで左手が全然上がらなくなっていたので(涙)回収した着物は天狼に預かっていただいて帰宅。
腕が上がらないのでアップにした髪の毛を下ろすのにも一苦労。
お風呂に入るのに縛るのにも一苦労。

自爆です。わかっちゃいるけど....とほほ。
湿布貼って寝ました....。


2011年度着物着用日はこれで15日。
目標達成!よくやった あたし。
[PR]
by mariutautai | 2011-01-31 23:59 | きもの や Jazz | Comments(0)


魔境下北沢を行く。

29日は夜の予定がキャンセルになり時間が空いたので、着物仲間を誘ってふらりと下北沢へ。

アンティーク着物屋さんをまわってみました。

最初に寄ったお店でいきなりとんでもないものを発見。
落ち着いた地の袋帯なのに.......


なまず!!!!

柄を見てもう大爆笑。

店員さんも加勢して大爆笑!!!!

あっという間に店員さんがテンションあがりすぎで暴走し始め、私たちを置き去りにして大爆笑(汗)

品物はすごく良いものだとわかってはいるけど、49800円もしちゃあ買えないよと言っているのにすすめるすすめる。
しまいにゃ「この帯とってもレアな柄だけど、私もレアアイテムなんですよ」と不思議な事を言い出す。
実は、彼女はウェブデザイナーとして勤めているので普段は接客はしない方だそうで(笑)妙に納得。

お店の名は着縁。http://www.kimono-kien.com/
レアな なまず帯 http://cart1.fc2.com/cart/kien/?ca=2&item=990
そしてレアな店員の名は 美智子(^^)←由来は皇后様の名前、だそうですよ。じっくり説明してくださいました。わははは。

というわけで、私は呼吸困難も手伝ってめまいがし始め、買物どころではなくなり(笑)息絶え絶えに店を後にしました。

軽く食事がてらブレイクを入れまして....
本多劇場にあるリサイクル着物のお店を目指します。

途中道がよくわからなくなり、駅前に戻り、通りがかったお巡りさんに本多劇場への道を聞き....言われたとおりに歩いていくと。

「すみません~」と声をかけられる。


振り向けばそこに自転車に乗ったお巡りさん二人組が。
む。尾行されてたかっ!?

と思いきや。
「本多劇場はこっちを曲がってこの先のガードの先の左です」
だと。さっきのおまわりさんが私に嘘教えちゃったことを仲間に指摘され、あわてて追いかけてきたらしく。
着物で目だってたから見つけやすかっただろうね。よかったね。
じゃなくて。

嘘教えるなよー!!!!!

と、まさに曲がろうとした角を予定とは反対方向にすすみ、なんとか無事に本多劇場へ到着。

そしてリサイクル着物屋さんに。

おーーーーーーーーーーーーーーーーーー大変だ。
着物山積み! 羽織も帯も帯締めも山積み!
ぱぱぱぱぱぱぱぱぱぱぱぱぱぱぱっ。
パ ラ ダ イ ス !

水上興奮のあまり「う゛ーう゛ー」 とうなり始め、同行者に落ち着けとしかられる。

深呼吸して、とりあえず、今日のコーデにあわせるのに欲しいと思っていた赤系の帯締めを確保。そして店内の着物を物色していると店員のおねえさんが接近「お好みは?」と。
薔薇。蝶。桜。 のキーワードを伝えると、
「あ、ここに薔薇の着物があるんですよー。昨日からお値段下がったばかりなんですよー」
と山積みの着物の奥底から一枚の着物を。
もう。発掘途中から私の眼もロックオン。
赤系の綺麗な薔薇柄のアンティーク着物が登場!
a0194873_172728.jpg

私のバッグに入っていた赤い薔薇の手ぬぐいを見てピンときた様子。
いい仕事してるね。

サイズを測ってもらったら、これまたあつらえたようにピッタリ。
これは、運と縁、ぐりとぐらとしか言いようがありません。
ガッツリキープ。

その後店内を物色するも、もう薔薇の着物で胸がいっぱい。
「おっぱいがーいっぱーいー♪」というメロディーが脳内を駆け巡るので買物を終了しようとしたら、店員さんが「こんなのもあるんですよー」と薔薇のかんざしを持って来た。なんとも罪なひとね!!!

特価になっているとはいえ、私のお財布事情からすると結構キヨミズ舞台な価格のお着物なので、掃除機、いや正直かんざしまではお金使いすぎ感があり悩んでいると、同行者が「それいただきます」と。おいおいおいおい、勝手に返事するんじゃない!
そこでダメモトで「お値引きとかおねがいできたりなんかしないです...よねえ?」と言ってみると。
なんと帯締め1本をサービスしてくださるとのこと。

それじゃあ買わないわけには烏賊の●×△◆!!
a0194873_1723612.jpg

というわけで、薔薇のアンティークお着物と赤い帯締め、そして薔薇のかんざしをゲットして、むふむふ。

もう一軒行こうと思っていたお店はあったのですが、打ち止めといたしました。まる。

同行の友人も気付いたらなにげに素敵なデザインのコートと渋めの色みの博多織の帯をゲットしておりました。

本日のわたくしのコーデ....
a0194873_173256.jpg


アンティーク屋さんめぐりならば何かネタを仕込まねば、と、お正月に八王子のリサイクルショップでゲットした正絹折柄の菊のアンティーク帯をチョイス。同色使いのウールのお花のお着物をあわせてみました。
帯締めは最初は青いのをしていたのですが、赤い帯締め購入後、そちらに変更。赤が締め色。アタリだー。


2011年度着物着用日はこれで14日。
[PR]
by mariutautai | 2011-01-29 23:59 | きもの や Jazz | Comments(0)


ハハニナル ということ。

今度中島梓さんの「誕生日の夜に」という歌をレコーディングします。

この世に送り出してもらった喜び、そして生きていくことへの願いがぎゅっと込められた歌です。

生きることを子供の立場から歌った歌。

自分には妊娠・出産経験はありません。けれど、この歌を歌うにあたり、母親が子供をこの世に迎えるということも少し考えてみたいと思いました。

そんなときに私の知人(と言っても会った事はなかったのですが)女流カメラマンの武藤奈緒美さんが「ハハニナル」という写真展を開催していたのです。

ふっと時間の取れた28日、着物を着て京成曳舟にある「爬虫類館分館」へ向かいました。

会場へ入ると....着物姿の小柄で可愛らしい女性が。
彼女がこちらを向き目があって.....「まりさん?」 そうですそうです。

彼女とは実はmixiの着物のコミュで不要な帯を譲っていただいたのがご縁。数回のメッセージのやり取りで意気投合してしまい、私からマイミクシィの申請をし、お受けいただいた仲。

武藤さんはブログでの印象よりも華奢で可愛らしかったです。武藤さんは私を「プロフィール写真とはずいぶん違いますね」と(はいはいそうですとも)
a0194873_12365590.jpg

そんな言葉を最初に交わしてから、キモチュー仲間のお約束とばかりにお互いの着物姿をホメホメし合って(笑)そこから写真のお話など。

いやー実際には初対面なのですが、やはりお互い初めて会った気がしない。
お互いにピンでの仕事をしているからか、着物好きだからか、猫好きだからか.....。

会場の空気、彼女の作品、彼女との会話から、いろんなエネルギーを受け取りました。

写真のことはよくわからないのだけど、彼女の「ハハニナル」をテーマにした作品からは、女性の「その時期」でなければ出てこないオーラのようなものを感じました。
あたたかく、強く、優しく、穏やかで。
そして、人の生が始まることの喜び、希望。

本当に、行って良かったです。
展示会場の「爬虫類館分館」も居心地がよくって、結構な長居をしてしまいました。

押上駅と会場との道のりの商店街もとてもノスタルジックでタイムスリップしたような空気でした。
a0194873_12373050.jpg
a0194873_12374436.jpg


今度は浅草にでも出かけた帰りにこの商店街に来て、お惣菜をいっぱい買って帰ろう。

武藤奈緒美さんのHPは こちら です。

今日の着物は...梓さんのコレクションから。

猫好きなカメラマン、武藤さん狙いで、デニムの猫柄の着物(裏地の模様は町並みに猫)、市松に黒猫の半幅、鈴の帯留め。帯締め、かんざしなどのポイントカラーを赤・オレンジ系で統一。デニム素材の着物のコーデは難しかったです。ちなみに帯揚げは音譜柄♪ これで私が歌手であることもちょっと主張。

a0194873_12313844.jpg

a0194873_12321026.jpg
(ああっ帯の柄が猫だってわからないじゃないかっ)

着物の裏とか帯揚げの模様とか、あまり見えないところだけど、こういう部分にお洒落が効いているっていうのはなかなか楽しいものであります。
梓さんありがとう~

2011年度 着物着用日はこれで13日。
[PR]
by mariutautai | 2011-01-28 23:58 | きもの や Jazz | Comments(0)


月命日...初めてのお墓参り。

26日は中島梓さんの月命日にあたります。

お別れの会のプロデュース等はしたものの、葬儀に参列しているわけでもなく、なんとなく認めたくなくて、じつはまだ一度もお墓に行ったことがありませんでした。

でも、2月に「誕生日の夜に」をレコーディングすることにもなっており、そろそろ自分で気持ちに区切りをつけなければ、と思い、ご主人の今岡さんにお願いしてお墓参りにご一緒させていただきました。

いいお天気の昼下がり。
まずは菩提寺の本堂でご挨拶してからお花を買ってお墓へ。

お墓の石碑に梓さんの名前があり、複雑な気分になりましたが、目を閉じて手を合わせて、梓さんにいろんなことをたくさんお話しました。
最後にレコーディングのこととか、私がやってることが気に入らなかったら絶対出てきて阻止してね、そんな感じのことをお話しして.....ずいぶん長くお話しちゃったなあ.....と私が顔を上げた瞬間です。

なんと、今岡さんの携帯電話が鳴りました!!!!!

電話の主は息子さんだったのですが....あまりにもドンピシャのタイミング。

梓さんにはお別れの会の時にもイタズラを仕掛けて来たのですが......またやられた! と確信してしまいました。

私がお墓に来た事、わかってるからね。というサインだったんだな、と。

もう、爆笑しながら号泣。
うれしかったです。
a0194873_228344.jpg


やはりお墓参りも梓さんの着物で行きたかったので、アナスイのお着物にこの日はシルバーグレイのレース模様の帯、黒地に漆の薔薇の羽織を組み合わせて行きました。

2011年度 着物着用日はこれで12日。
[PR]
by mariutautai | 2011-01-26 23:26 | きもの や Jazz | Comments(0)


初出演 アジアンカフェ

25日は学芸大学のアジアンカフェに出演しました。
メンバーは まぁーちゃん かみちょ。

a0194873_22371.jpg
ドラムレスではあるけれど、全然ストレスを感じない演奏ですごく伸び伸びと歌わせていただきました。

まぁーちゃんの演奏がすっごく進歩していて、自分も頑張らねばと思いました。
[PR]
by mariutautai | 2011-01-25 23:59 | jazz | Comments(0)


2011年キモチュー 11日目

アジアンカフェの衣装は梓さん関係のお客様がいらっしゃるとのことで、衣装は梓さんコレクションの中から、アナスイの紫×黒の着物+薔薇の帯をチョイス。
a0194873_2255624.jpg

マネージャーをされていた高原さんが懐かしいとおっしゃってくださいました。
[PR]
by mariutautai | 2011-01-25 23:59 | きもの や Jazz | Comments(0)


スキ スキ スキスキ!

お祝いメッセなど沢山ありがとうございます! 

今日は酒屋BARへの出勤時間がゆっくりだったため、先に湯島に行って上野アリエスで水森亜土さんのステージで研修してから酒屋BARへ向かいました。

ホンマモンのスキスキソングを聴きながら心のなかで「クリスマスには大変失礼なことをしてしまいましたごめんなさい」と謝ったりして(クリスマスには水上がへっぽこトランペットでスキスキソングを吹いたのであります)。

...亜土さんのステージは本当に勉強になります。
愛らしくて、お茶目で、ノスタルジックで。
私とは対照的(?) 
ああいう世界も憧れます。時間の都合で1ステのみでしたが、得るものは大きく。また伺いたいと思います。

酒屋BARでは小美濃眞弓(Vo)さんの生徒さんたちの新年会。歌の大好きな方々でお店は大賑わい。楽しく過ごすことができました。

いいライブはいい栄養! 時間が取れるようになってきたらもっといろんなライブに出かけたいです。
そして自分もいいライブをやらなきゃね。

明日は初出演のアジアンカフェ。
学芸大学での自分名義のステージは初めてですね。
頑張ります。
[PR]
by mariutautai | 2011-01-24 23:59 | jazz | Comments(0)


2011 キモチュー10日め

ウールのお花模様の小紋に赤黒の博多献上。
そこに到着したての水玉の絞りの入った羽織を組み合わせてみました。
a0194873_13325865.jpg

「素敵なお着物ですね」と亜土さんにお褒めいただいちゃいました(^^)

本来のルールならばウールはあまりお出かけ着には適していないんだと思いますが、現代では「着物」自体にちょっとフォーマルな要素があるじゃん、ということでデザイン重視でガンガン着て出かけちゃってます。

2011年度 着物着用日はこれで10日。
[PR]
by mariutautai | 2011-01-24 23:58 | きもの や Jazz | Comments(0)


【ご報告】グランプリいただきました!

1/22 赤坂バードランドで行われたJAZZ DAY ヴォーカルグランプリ において、最優秀のグランプリを受賞いたしました。
応援してくださった皆様ありがとうございました。
a0194873_1325871.jpg


ひとまずご報告まで!
[PR]
by mariutautai | 2011-01-22 23:59 | jazz | Comments(2)


JAZZ DAY な一日

2011年のジャズデイである1/22はなかなかに充実した日になりました。
まずお昼からは多摩センターにてサックス教室の発表会へのゲスト出演。
a0194873_21374648.jpg
a0194873_213854.jpg


毎年生徒さんの伴奏者の手配も合わせて依頼をお受けしているのですが、今回は+4メンバーである神村氏と三浦氏に依頼。水上バンドでサポート(^^)
a0194873_21403048.jpg

サックス8本のアンサンブルなどもあって、聴いている側としても楽しい発表会だったのですが、自分の出番が終わるとともに、着替えて赤坂へ移動。
a0194873_21421410.jpg


というのは急遽推薦にてエントリーが決定したJAZZ DAYグランプリに出場するため。

a0194873_21435714.jpg

燦然と輝くトロフィー! 先日の紅白のトロフィーはお持ち帰りできなかったので今回は1本欲しいなあと思いつつ.....。

a0194873_21424591.jpg

紅白で評判の良かった「チュニジアの夜」を歌いました。

イベントを支えてくださるのはバイソン片山さんのトリオ。
a0194873_21444291.jpg

このトリオの演奏が素晴らしくて、思わずドラムソロも回してしまい、「イエーイ!」と声をかけちゃいました。コンテストで何やってんだか。

a0194873_2145212.jpg

ドラム バイソン片山氏  
a0194873_21451060.jpg

ベース稲垣護氏
そしてピアノは.......


なぜか。
a0194873_21465444.jpg

我らがかみちょ(爆)

実は、アクシデントでピアニストのトラが必要になったとのこと。なかなか見つからないようだったので、私がさっき別れたばかりのかみちょに電話。
「かみちょ、今夜の予定は?」
「22時からの予定があります。」
「よし、間に合うな。とにかく赤坂へ来て!1時間以内に。話は来てから。」
私が呼びつけた、というわけ。

わけもわからず、発表会でいただいたでっかい花束を持ったままのかみちょが30分ほどで到着。
そしてその瞬間から譜面の確認をし、あっという間にコンテスト開始。
いやーよく働くこと。(って働かせてるのは私だけど)
安定した演奏に、まったく面識のなかった共演ベテラン陣も納得の様子でした。かみちょありがとうね。


出場者の歌が終わり、客席からの投票用紙も集められ、インストを数曲演奏している間に集計&審査員協議。

結果発表の前に審査員の先生がたからあれこれ講評が。
英語の発音がどうこうとか難しい選曲してるからどうこうとか....
「ひいいーーー」と耳が痛くなりながら、胃がきゅうっと痛くなりながら聞いておりました。いえ。精進せにゃ。
まな板の上の鯉っちゃこんな気分だろうなあと思っているうちに結果発表。

素敵な歌手たちが集合してきていましたので、混戦だろうか、と思う中、3位CHIKOさん、2位森岡典子さん、が入賞。

むむ....きちんと歌い上げている方々だ。
自分は毛色違いすぎ?はじけ過ぎだったか? やばいかも....。などという考えが頭をよぎります....。

でも、高橋伸寿さんの声で「グランプリはナイトインチュニジア....」と聞こえました。

その瞬間、天を仰ぎ見ました。(正確にはバードランドの天井の星空の内装)そしてステージに向かいました。

前回のグランプリで先日の紅白で沢山お世話になったおかのひろみさんがトロフィーを渡してくださいました。
a0194873_21494062.jpg

たくさんのお祝いの拍手をいただきました。ありがとうございます。

-----
正直なことを言うと。
うれしいというよりも「ああ、ほっとした」感が強かったです。

この業界の姉妹のようにお付き合いしているユキエさんが前回のジャズデイでは準グランプリを受賞。
そして、私は直接の弟子というわけではないにしろ、日頃から沢山アドヴァイスをいただいたり一緒にライブをやったりしてお世話になってきたマリアエヴァさんがジャズヴォーカル大賞を昨年受賞されていました。
a0194873_2150218.jpg


というわけで、「出場したからにはグランプリ獲って来いよな」「エヴァさんのお祝いの席でもあるんだから花を添えなくちゃねえ」的なプレッシャーがものすごかったのです。

はー、本当に良かった。
表彰式が終わったらいそいで廊下に出て、まったくのシロウトの頃のグループレッスンに始まり、長期にわたって指導して下さった山岸隆志氏に電話で報告。
隆志先生の声を聞いたら思わず涙が。先生にもやっと恩返しができたかな。

伴奏をしてくださったバイソントリオの皆さんもお祝いを言ってくださいました。ベース稲垣護さんも「そうだと思ったよー」と。
a0194873_21505736.jpg

共演者に認めていただける事はこれまたうれしい!

このイベントのプロデューサー氏いわく、
「水上まりだけはコンテストじゃなくてライブをやっていた」
とのこと。
選考されているということへの意識よりも、ついつい楽しいステージを、と思ってしまったのはゴキゲンな演奏をしてくださったこのトリオのおかげ。
1曲の持ち場のみで「水上まりのステージ」を展開でき、その上で評価を受けた事は今後の自信につながります。

2月にレコでお世話になる、天狼プロ社長の今岡氏も喜んでくださいました。
a0194873_21513413.jpg


トロフィーは歌手としての活動を認め、応援してくれている八王子の実家で居間に飾られています。
a0194873_21515117.jpg

関わってくださった方々、応援してくださった皆様に改めて心より感謝申し上げます。

ありがとうございました。
そして今後とも応援をよろしくお願いいたします。
[PR]
by mariutautai | 2011-01-22 23:59 | jazz | Comments(0)

    

水上まり(Vo)のブログです。
by mariutautai
水上まりです!
ジャズを中心にあれこれ歌ってます。
オフィシャルサイトはFacebook内にあります。
水上まり(Vocal)のページ

Facebookの水上まり個人ページはこちらです。
水上まり




和服もほぼ自己流着付けで日々練習中。
これまたお見苦しい点多々ありますかと。
まず着ることから、と思ってます。
温かい目で見てくださいませ。
2011年度は179日間
2012年度は215日間
着物で過ごしました。


----

2011 JAZZ DAY コンテストにてグランプリ受賞


ブログパーツ
最新の記事
今年の「SAKURA」
at 2017-04-07 23:17
今年の「SAKURA」
at 2017-04-07 23:17
4月のリーダーライブです!
at 2017-04-04 03:59
2/26 は 多摩ニュータウ..
at 2017-02-22 04:45
水上まりのアルバム「端縫いの..
at 2017-01-18 03:10
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
大変でしたね。 無事退..
by 足立 at 09:44
とても魅力的な記事でした..
by 投資の勉強 at 17:26
chikoさん コメント..
by mariutautai at 02:31
JAZZ DAY お疲れ..
by chiko at 02:50
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧